--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016_02
13
(Sat)20:01

いまふたたびのソウルへ 

皆様こんばんは。


ブログを書くのはもう・・・・・ちょっと何時振りか忘れましたが久しぶりでございますが、

先日あげたお話のあとがきにも書きましたとおり、

先週末、結構深刻なトン不足の禁断症状が抑えられなくなり、
昨年6月以来の長期休暇を利用してとうとうソウルへ飛んでしまいました。

仕事柄、休みが確定するのがどうしても直前になってしまう為、
友人を誘うのは難しいからと、一人ででも行ってしまおうかと悩みながら
渡韓経験の豊富なユノペン友人にアドバイスを受けるという名の
「ユノ誕をソウルで」の甘い言葉で匠に誘惑をすることに成功し、
半ば強制的に同行してもらえることになった為、
当初の行き当たりばったりな計画が一変。

友人の完璧なスケジューリングのおかげで、
なんとも素敵な旅となりました。

有意義な旅を演出してくれた友人にこの場を借りて感謝!!


Twitterではほぼリアタイでレポをしてたので、フォローしてくださってる方は
もうご存知かと思いますが、
自分の記録用にこちらでも残しておこうかと思います。

ご興味のある方のみお進みください~











2/5

近々に渡韓した同僚やフォロワーさま方の情報で、寒さに対してビビリすぎた為、
3泊用の大きなトランクにもかかわらず荷物が多すぎる。

今回の渡韓目的のメインが
「コエックスシアター通い」
にあったため、

みたいプログラムの時間帯に合わせて最大限ソウル滞在時間を取りたいと
なった場合の妥協点として、
近くて便利な羽田-金浦便にいい感じのフライトが無く、
初の成田-仁川便にトライ。

私にとっては成田に行くこと自体がもう何年ぶりか忘れるくらい久々。

寝不足からのハイテンションで、機内でもマシンガントークが止まらず
結局あまり寝れずにあっという間に仁川到着!

JCBカードの特典を利用して
空港鉄道
トラベルカウンターで仁川-ソウル駅間の無料チケットをゲット!

車内も広々してるしスーツケース置く場所もゆったりしてるので快適でした。

しかも今回はソウル駅にも重要な目的が。


出迎え

中国カシちゃんのユノ誕広告~~

写真下手過ぎてユノの顔白いけど、もうこれだけで俄然テンションUP!
ものすごく一通りの多い通路でしたが、人が途切れた一瞬の隙を狙って撮りました~

出迎え2
ちなみにこれが失敗作。

旧正月前だから軍服姿のお兄さんたちが沢山いたので、全員薄目でユノ変換しました。



ご満悦でホテルへ移動。

まだチェックインには時間があったけど、既に部屋を用意してくれていたので
荷物を置いてすぐ近くのカロスキルを軽く散策していたら素敵なcafeを発見。

カロスキル1
カロスキル2
カロスキル3
ドライフラワーやサボテンに囲まれた静かなカフェで一息。

店員さんも可愛くて親切だし、来ているお客さまは近くのショップで働いてたりこの辺に住んでたりする
ような、
恐らくソウルではかなりイケてる20代くらいの子がメインで、いい感じでした。

まったりしてるところに

スノボユノ
スーパーイケメンスノーボーダー情報降臨でまたもテンションが上がる


ひと目でいいからユノが滑ってる姿を拝ませてくれないかと切望するも
上がらず、、、、
板に乗ってるだけでもいいのに、、、ホジュン氏~撮ってるでしょう?
ビンディングにブーツはめてるとこだけでもいいの、、、

友人はだだをこねる私を引きずるように地下鉄にのせ、
いよいよ旅の最大の目的地という名の天国に到着!

コエックスシアター
コエックスシアター (2)
ユノ誕のイベントもやってた~



初日に見たのは

ソウルアンコン

これ!
「T1STORY &......!」サラウンドビューイング





本当に、これを見れただけでもソウルまで来た甲斐があった。

焦がれて焦がれてどうしようも無く乾いていた心が一気に満たされて、
私も友人も、オープニングの3曲で既に号泣&絶叫。


ケチミ~maximum~ライサン


あの日、自分があの場所にただなんて信じられない。

これを生で見て、よく正気でいられたわよね?俺?

と改めて実感。


2015年6月のユノとチャンミンが、どれだけこのライブに全てをかけていたのか、
わかってたはずなのに、と
まるで殴られたかのような錯覚を覚えました。



特にこれね。


ファンカムでは死ぬほど見てるというのに、
真正面のど真ん中大画面で見るのとは訳が違う。

「O 正反合」で、ミンソロ中後ろで待機している時のユノの件に関しては
当時のレポでもひとしきりあらぶりましたが、
サラウンドビューイングで見るともう、、、、、

心臓の弱い方は十分にお気をつけ願いたいと心から忠告申し上げます。









あとはこの幸せを絵に書いたようなアコースティッックメドレータイム




ユノの表情が、本当に良くて。

ミンが、本当に楽しそうで。


会場いっぱいのペンとの大合唱で、また泣けてきました。



早く2人をこの場所に返してと。
私たちペンに、ユノとチャンミンを返してくださいと言いながら泣きました。






アンコンに行った方も、行けなかった方も、
上映期間中にソウルに行くことが可能なら、絶対に見たほうがいいと思います。

このプログラムを、こうして長期間に渡って上映し続けてくれているSMにも感謝したい。

2人が帰ってくるまで、ロングランして欲しいですね。





興奮冷めやらぬままコエックスカフェへ


コエックス1
コエックス2
コエックス3

限定80個のグッズをゲット!
もしかしたらミンのサインが入ってるかも?のドキドキを
ユノのサインテーブルで体感~ ←入ってなかったけど



夜はシンノニョンに移動し、
「元祖サンパッチッ」で野菜と肉三昧~
初日夕飯1
初日夕飯2


その後訪れたのは

85st1
85st2
85st3

ユノペンの聖地
「85st cafe」!!!

図らずも店に到着したのが11時30分ごろで、店内もほどよく空いていた
ので、そのままここ聖地でユノ誕を迎えることに。

85st4
この窓の外からユノが現れたと想定してシュミレーションしながら荒ぶり、

85st5
可愛い新グッズを購入し、

静かで落ち着く空間で、ひとしきりユノを思い、語りました。


ここでのんだヨーグルトイチゴスムージーは、今回のソウル旅で飲んだドリンクの中で
一番美味しかった!




0時を超えて少しすると、ちらほらとユノペン同士らしき方の来店が
増えてきたので、終電に合わせて店を後に。

しかしまさかの乗り換え駅で終電を逃すといいう痛恨のミス!


なんの情報もない「高速ターミナル」駅で、帰省客で賑わう地元の方たちを
横目に深夜の駅をさまよい歩き、なんとか地上へ。



シムポリス

見上げると、シムポリスが
「こっちだよ!」と私たちを誘導してくれてる!



ありがとうミン。おかげで無事にタクシーでホテルに到着したよ~。←錯覚です



ということでユノ誕イブからのユノ誕の幕開けをお届けいたしました。

画像が多くて重くなったので一旦あげます~

だらだらレポですんませんが、続きはまた後ほど~

ランキングに参加しています。



にほんブログ村

にほんブログ村

Twitterアカウント→@yunomariuosao

C.O.M.M.E.N.T

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/02/14 (Sun) 16:54 | # | | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。